アパルトマン

【チェックアウト】à bientôt!すばらしきアパルトマン

アパルトマン

アパルトマン最終日

午後には14区モンパルナスのホームステイ先に移動することになっている。

たった5日間だけど、とても有意義だった。
また海外での経験値の星がひとつ増えた。

日々スーパーに行き自炊して、トイレと風呂のお掃除、洗濯し部屋干し、掃除機をかけ、ゴミを1階収集所までエレベーターなしの5階をひーひー言いながら移動。

もっともっと居たかったな。

パリ18区の移民の多いちょっとデンジャラスエリアに住んでいる日本人ガイドさんいわく、「サン=ジェルマン・デ・プレに住むなんて憧れです✨」と目をキラキラさせていたので、おそらく多くのパリ市民の生活にはほど遠いのかもしれない。「とても狭い部屋で慎ましく生活しているけど、パリに住むことが嬉しいんです」と語っていた。

18区はピカソやモネなどの芸術家が住んだモンマルトルの丘もあり、パリ最大のアンティークマーケットが開かれるクリニャンクールがある。次回はあのあたりに住んでみたい。

渡仏前は物価が高いパリと聞いていたけど、私的には東京と同じくらいかなと思う。
ロンドンはもっともっと高かった!(日本で1,000円くらいのランチが平気で2,000円を越したりしてた!!だからいつもサンドイッチとコーヒーを買って公園で座って食べてた。)

東京で言えば青山っぽいエリアのサン=ジェルマン・デ・プレにあるのに、道路に面していないので静かで落ち着いていて、治安も交通の便も良く、私はたいそうこの物件が気に入ってしまった。

次回パリに来る時にもまたここを借りようかなと思うくらい。
エレベーターなしの5階で、中世の建物なので床はゆがんでいるけど。

私はリピーター気質ではないので、行くたびに違うエリアや宿に泊まるのが好きで、
常に新しい発見をしたい性格の私にそう思わせるくらい、素敵な物件でした。

掃除機 掃除機 アパルトマン アパルトマン アパルトマン アパルトマン アパルトマン アパルトマン

アパルトマン
アパルトマンを出てすぐ目の前はこの道路。

本当はアパルトマンのエントランスから鍵を開けて、自分の部屋の鍵を開ける様子をブログでご紹介したかったけど、防犯のために書くのをやめました。
日本にはない独特な鍵と開け方をするのよね。。。

また来るね〜!